Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c0107859/public_html/majidekazurin.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
楽天カードでお得に投資とポイント獲得!最大還元率16%の秘密 - kazurin's room

楽天カードでお得に投資とポイント獲得!最大還元率16%の秘密

スポンサーリンク
商品紹介
※本記事は広告を含む記事になっています。

現代社会では、ポイントサービスを提供するクレジットカードが多く存在しています。
中でも、楽天カードは独自のポイントプログラムで注目を集めており、さまざまなシーンで活用できる魅力的なカードとなっています。
本記事では、楽天カードの特徴や還元率、各種サービスでのポイント利用方法、投資信託積立とポイント還元について詳しく解説します。

1. 楽天カードの特徴と還元率

楽天カードは、その独自なポイント還元率によって人々の注目を浴びています。
通常の還元率は1%であり、様々なシーンで積極的にポイントを貯めることができます。
特に楽天市場や楽天ブックスなどの楽天サービスでは、最低でも還元率が3%以上になります。
また、楽天市場のSPU(スーパーポイントアッププログラム)などを利用すれば、還元率を16%以上にも引き上げることができます。

楽天カードを利用する際には、いくつかの簡単な条件をクリアすることで、還元率をさらにアップさせることができます。
例えば、楽天市場アプリでの買い物や楽天銀行での楽天カードの利用代金の引き落としを行うだけでも、還元率が0.5%ずつアップします。
そのため、楽天カードを利用して楽天市場で買い物をする場合は、できるだけ多くの条件を満たすことをおすすめします。

楽天カードを利用すると他にもメリットがあります。
例えば、楽天銀行で楽天カードの利用代金を引き落とすと、楽天銀行の普通預金金利が0.02%から0.04%にアップします。
これは、他の大手銀行の普通預金金利の0.001%に比べて40倍も高い金利です。また、楽天カードを使えば楽天銀行の口座も開設できます。

楽天カードの特徴は、年会費が永年無料であることと通常還元率が1%であることです。
年会費を気にすることなくクレジットカードを利用できるのは非常に便利ですし、一般的なクレジットカードの還元率0.5%と比べても高い還元率です。
ただし、一部の公共料金や税金などの支払いには還元率が0.2%になります。
また、Mastercardブランドの場合はAmazonでの支払いにも還元率0.2%が適用されます。

楽天カードは、クレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能が一体化しています。
そのため、利便性も高く、さまざまなシーンで活用できます。
特に楽天ポイント加盟店では、楽天ポイントカードとして楽天カードを提示し、楽天カードで支払いをすると楽天ポイントが2倍になります。
そのため、楽天ポイントがより早く貯まり、還元率が2%以上になることもあります。

楽天カードの特徴と還元率には、楽天市場での還元率の向上だけでなく、ポイントの使い道も豊富なメリットがあります。
楽天市場での利用はもちろん、カード利用額に充てたり、楽天証券でのポイント投資にも活用できます。
また、「1ポイント=1円」としてさまざまなサービスでポイントを使うことができるため、ポイントの使い道に困りません。
そのため、多くの人にとって楽天カードは魅力的なクレジットカードです。

楽天カードの発行枚数も非常に多く、2023年9月には2954万枚を突破しました。
日本人の4人に1人が楽天カードを持っているという人気です。そのため、まだクレジットカードを持っていない人にも、まずは楽天カードを作ることをおすすめします。
年会費無料で高還元な楽天カードは、初めてのクレジットカードとして最適です。

2. 各種サービスでの楽天ポイント利用

楽天カードを持つことで、さまざまなサービスで楽天ポイントを活用することができます。
楽天ポイントの有効な使い方についてご紹介します。

楽天市場での利用方法

楽天市場では、獲得した楽天ポイントをそのままお買い物に利用することができます。
楽天ポイント1ポイントは1円として使用できるため、お得にお買い物ができます。
さらに、楽天市場では定期的にキャンペーンを開催しており、ポイントをよりお得に利用することもできます。

楽天トラベルでのポイント利用方法

楽天トラベルでは、楽天ポイントを旅行予約に利用することができます。
宿泊施設や航空券の予約時にポイントを使用することで、旅行費用を割引することができます。
また、楽天トラベルではポイントが貯まるため、積極的に楽天ポイントを利用して旅行計画を立てることをおすすめします。

楽天ブックスでのポイント利用方法

楽天ブックスでは、楽天ポイントを書籍や電子書籍の購入に利用することができます。
新刊や人気作品をお得に手に入れることができるため、読書好きにはうれしいサービスです。さらに、楽天ブックスでは特典としてポイントが付与されることもありますので、積極的に利用することをおすすめします。

楽天証券でのポイント利用方法

楽天証券では、楽天ポイントを投資に活用することができます。
2021年12月からは楽天ポイントで米国株式を購入することも可能になりました。
将来の資産形成や収益を目指す際には、楽天ポイントを有効に利用して投資に挑戦することもおすすめです。

その他のサービスでのポイント利用方法

楽天ポイントはさまざまなサービスで利用することができます。
楽天グループの提携サービスやポイント交換サービスなどもあり、自分のライフスタイルに合わせて使い道を選ぶことができます。

楽天ポイントは有効期限が実質無期限で、使い勝手も抜群です。
楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスなど、さまざまなサービスで1ポイント=1円として利用できるため、ポイントの使い道に困ることはありません。
また、楽天証券での投資など新たな活用方法が増えていることも魅力です。

3. 投資信託積立とポイント還元

楽天カードを利用すると、【楽天・プラスシリーズ】という楽天の投資信託に積立することで、楽天ポイントが毎月還元される特典があります。

積立対象ファンド

楽天・プラスシリーズの対象ファンドとポイント還元率は以下の通りです。

  1. 楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンド:信託報酬率0.0561%(年率・税込み)、ポイント還元率0.017%(年率)、10,236ポイント
  2. 楽天・S&P500インデックス・ファンド:信託報酬率0.077%(年率・税込み)、ポイント還元率0.028%(年率)、16,900ポイント
  3. 楽天・先進国株式(除く日本)インデックス・ファンド:信託報酬率0.088%(年率・税込み)、ポイント還元率0.033%(年率)、19,929ポイント
  4. 楽天・日経225インデックス・ファンド:信託報酬率0.132%(年率・税込み)、ポイント還元率0.053%(年率)、32,050ポイント
  5. 楽天・NASDAQ-100インデックス・ファンド:信託報酬率0.198%(年率・税込み)、ポイント還元率0.05%(年率)、30,218ポイント
  6. 楽天・SOXインデックス・ファンド:信託報酬率0.176%(年率・税込み)、ポイント還元率0.05%(年率)、30,218ポイント

ポイント還元の条件

楽天カードを利用して投資信託を積立する際には、以下の条件でポイント還元が行われます。

  1. 当月合計30,000円以上の投資信託積立:+0.5倍のポイント還元
  2. 当月合計30,000円以上の米国株式円貨決済:+0.5倍のポイント還元

1と2を合計することで、楽天市場でのお買い物でもらえるポイントが最大+1倍になります。

楽天ポイントの利用方法

楽天ポイントは、楽天市場や楽天ブックスなどの楽天サービスで利用する際に還元率3%以上になります。
さらに、楽天市場のSPU(スーパーポイントアッププログラム)などを活用することで、還元率は最大16%以上にもなります。

以下は、楽天ポイントの利用方法の一例です。
– 楽天市場アプリでの買い物:+0.5%のポイント還元
– 楽天銀行で楽天カードの引き落とし:+0.5%のポイント還元

これらの条件をクリアするだけで、楽天市場での買い物がお得になります。

また、楽天銀行で楽天カードの利用代金の引き落としがあると、楽天銀行の普通預金金利が0.02%から0.04%にアップするメリットもあります。
これは他のメガバンクの普通預金金利0.001%と比べても非常に高い金利です。

楽天カードを利用することで、投資信託の積立と楽天ポイントの還元を同時に受けることができます。
さらに、楽天市場でのお買い物や楽天証券でのポイント投資にも活用できるため、資産形成とお得なお買い物の両方を実現することができます。

4. 楽天カードの人気と会員数

楽天カードは日本人の5人に1人が保有しており、2022年6月には発行数が2600万枚を突破しました。
その人気の理由を以下にまとめました。

年会費が永年無料

楽天カードは年会費が永年無料です。
ユーザーにとって年会費がかからないことは魅力的であり、継続的に利用することでポイントを貯めることができます。

高還元率

楽天カードでは通常の還元率が1%ですが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率3%となります。
この高還元率により、楽天市場での買い物などでたくさんのポイントを貯めることができます。

楽天ポイントの利用方法

楽天ポイントは楽天市場などで利用できるだけでなく、カード利用額や楽天証券でのポイント投資にも利用することができます。
さらに、1ポイント=1円としてさまざまなサービスで利用できるため、ユーザーはポイントを使い道に困ることはありません。

さまざまな機能

楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネー「楽天Edy」の3つの機能が一体化しています。
一つのカードで複数の機能が使えることで、利便性が高くなっています。
これにより、ユーザーはポイントを貯めやすくなります。

楽天カードの人気は2023年9月までに発行数が2954万枚を突破し、日本人の4人に1人が保有するほどです。
年会費無料で高還元なクレジットカードをお探しの方には、ぜひ楽天カードを検討してみる価値があります。

5. カードの国際ブランド選択と2枚持ち

楽天カードでは、Visa、Mastercard、JCB、AMEXの4つの国際ブランドから選択することができます。
他のクレジットカードに比べて、非常に広範な選択肢を提供しています。

さらに、楽天カード会員は2枚目のカードも発行することができます
さらに嬉しいことに、2枚目のカードは永年無料です。
これにより、使い方に応じて2枚のカードを適切に使い分けることができます。

例えば、JCBブランドを1枚目のメインカードに選び、Visaブランドを2枚目のサブカードに選ぶことで、国内ではメインカードを、海外ではサブカードを使うことができます。
もし2枚目のカードで不正利用に遭った場合でも、2枚目のカードを停止させれば、1枚目のカードの利用には影響がありません。
これにより、セキュリティと利便性の両方を享受することができます。

さらに、1枚目と2枚目の引き落とし口座を別の銀行に指定することもできます。
例えば、1枚目のカードで生活費用を支払い、2枚目のカードで娯楽費用を支払うようにすることで、お金の管理がしやすくなります。

カードの国際ブランド選択と2枚持ちは、使い方や目的に応じた利便性を提供しています。
楽天カードは、利用者のニーズに確実に応えるクレジットカードです。

まとめ

楽天カードは、年会費無料で高還元率という魅力的な特徴から、日本人の4人に1人が保有するほどの人気を誇るクレジットカードです。
楽天市場やその他のサービスでポイントがしっかりと貯まり、それらを投資信託や旅行など様々な用途に活用できるのが大きな魅力です。
さらに、2枚のカードを持つことで利便性とセキュリティの両立が可能になり、ユーザーの様々なニーズに応えられる優れたカードといえます。
楽天カードは初めてのクレジットカードとしても最適で、上手に活用すれば日々の
お買い物からお金の管理まで、幅広い面で便利に活用できるでしょう。

コメント

Verified by MonsterInsights